【体験談・小説】誰には言えないマニアックな性癖が芽生えた切っ掛け。