【体験談・小説】震災の異常時に起きた女友達の友達