【体験談・小説】初詣で発見した都合の良い女子