【体験談・小説】【終】小学生の時、クラスメートの世話係をしていた時のこと